曳山博物館

Pocket

本日は、曳山博物館に訪れました。(2020/9月)

  • 曳山博物館は長浜を代表する祭りである曳山まつりの歴史を展示している施設。
  • 駅徒歩 10分
  • 所要時間 1時間
  • 公式サイト https://nagahama-hikiyama.or.jp/

曳山まつりは、かの有名な豊臣秀吉が生まれた息子のために盛大にお祝いした祭りが発祥とされています。

曳山祭りの最大の呼び物である「子ども歌舞伎」の練習などもされているそうです。

それでは、早速、博物館の説明をしていきます。

入口には銅像が設置されています。

曳山博物館は長浜曳山まつりを展示している博物館で、長浜曳山まつりはユネスコ無形文化遺産に登録されています。

受付を終えるとそのまま常設展示場に入っていきます。文化財が多数、展示されているので写真撮影は禁止です。

常設展示場では文化財に指定されている長浜曳山まつりに関する資料や貨幣、化粧棚などの展示があり、歴史を感じることができます。

次に実際の曳山の展示場です。

とても迫力がありました。きれいな装飾もされていました。

一階は文化財を中心とした常設展示場と曳山が3体と曳山に関する装飾品などが展示してありました。

次に二階に移ります。

二階には企画展・特別展と、豊臣秀吉時代の街並みを再現したジオラマなどがありました。

訪問したときは残念ながら企画展・特別展は開催されていませんでした。

下記に企画展・特別展の情報が掲載されているサイトを載せておきます。

以上になります。常設展示は歴史的価値の高いものが並んでいました。

長浜にお立ち寄りの際は是非足を運んでみてください。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です